About
​Nokishita Toshokan

In 1959, Yoshi Shiraiwa, Hiromi’s grandmother, opened her home to the children of Nishiawakura Village and gave them free access to a collection of books and other educational resources. The library under the roof - ‘Nokishita Toshokan’ – project was born and lasted for the next ten years. In 2009, 60 years later, Hiromi and I moved to Japan and started renovating her grandmother's old wooden Japanese house to revive the learning spirit of Nokishita Toshokan.

 

For the last 8 years, we have now and again pondered our values and the set of beliefs that drives and gives shape to our business, and ultimately, to our lives.

 

Upon recent reflection, we have observed that the values which drove us to revive the Nokishita Toshokan in 2009 have not really changed, but have become stronger in substance and deeper in application. Our tree of aspiration is growing taller and soaring toward the sky.  

 

We believe that everything we do has to be a positive contribution to our community and to the world. We are committed to providing unique experiences to our B&B guests, bakery customers and language and yoga students that will uplift their very being and transform something in their lives. Be it the heart-to-heart dialogues of our language classes, the reverberation of laughter over a cup of Caribbean coffee, the fragrance of aroma oil drifting through the B&B corridors or the yogic celebration of our mind, body and soul, we are all about creating and maintaining a human connection. Though it may only be for a short period of time, everything we do is to inspire and nurture the human spirit. 

 

At times when economics speak louder than our hearts, it is important to shift focus to compassionately foster the growth of our children. As parents, community builders, teachers and "happiness traders," taking responsibility is not always easy. When we find ourselves losing our way amongst the financial figures, remembering our values and holding fast to them, we believe, will always guide us through the rough seas to the new dawn.  

 

We believe in the potential of the ripple effects. Our interactions with a single person can create subtle but continuous rippling effects that touch the lives of billions of people around the world.  We are here to celebrate the diversity of people with whom we come into contact each day--from an adorable 3 month old baby to a local farmer who needs a rest during his round of checking the rice paddies.  It is our promise to embrace every single person who steps into our door and to treat them with respect and dignity.  At Nokishita Toshokan, our work is never done.  Everyday we strive to be true to ourselves and honour our integrity.

 

私の祖母は生前、岡山県英田郡西粟倉村の自宅の一室を「軒下図書館」として地元の子供達に解放しておりました。その祖母が亡くなり10年以上空き家になっていたこの西粟倉の家に、2009年フランス人の旦那とその当 時3歳と0歳の子供達を連れて、ロンドンから移住してきました(私にとっては半分Uターン、半分Iターンです)。


私の教育に寛大に投資してくれた祖母への感謝の気持ちを込めて、私達の事業を「軒下図書館」と呼ぶことにし、2010年5月に本宅2階にある図書室は語学スクールの教室として、また8月には「軒下図書館B&B」宿泊施設の憩いの場として蘇りました。そして、敷地内にある納屋は同年11月にフランスパン工房「ユゴー・エ・レオ」として新しい出発を切りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく「何でこんなに色々やっているの?」と言われます。正直な話、田舎で暮らしていくため、です。多角的に、出来ることは何でもやらないと生活していけないからです。田舎暮らしへの憧れから出発し、「新しい生活をゼロから」と当初は意気込み満々でしたが、幾度もくじけ落ち込み、この素晴らしい環境の良さが全く感じられない程苦しんだことも一度や二度ではありません(そういう時は大好きな山に囲まれていながら、山が見えないのです)。今まで、取りあえず生活を確保することを目標に無我夢中で前進してきましたが、やっと後ろを振り返り私たちが目指すところを今一度確認する余裕が少しだけ出来ました。そして、ここまで辿りつけたのは、奇跡以外何ものでもないと実感しています。一人もがくだけでは、ここまで踏ん張ることはできなかった。そう、今まで「軒下図書館」に色々な形で関わって下さった皆様全員が奇跡を起こしてくださったんだ、とつくづく感じるのです。

 

すべては、1から始まる、ですよね。一回ずつのレッスンに全力投球して、遠くから宿泊に来られるお客様には、一生忘れられない想い出を、、、こういう風に、一人一人の方にピッタリ合った軒下図書館限定の、何か心が動く体験をしてもらいたいと思います。

 

私にとって「生きている」と感じるのは、交流している相手の方と心がつながって自分の世界が広がる瞬間です。この9年間で、このような心が豊かになる体験が積み重なり、お金で買えない「宝物」が沢山増えました。そして、今、ただ夢を追いかける自分ではなく、夢を実現できる自分にならなければ、と気持ちを新たにしております。皆様、今までご支援本当にありがとうございました。そして、これからもどうぞ宜しくお願い致します。